コニーズアイ 1階[ショップ+カフェ+レンタルスペース] 2階[貸ギャラリー]

国内外のデザイングッズから工芸・クラフト・ファッション・アートまで幅広いジャンルの商品を販売中!

  • 0000055844.jpg
  • 0000055843.jpg
  • 0000055845.jpg
  • 0000055846.jpg

最新情報 ≫ 企画展情報

企画展のご案内

OLD DESIGN/一期一会を楽しむ

2019年1月4日(金)-2月11日(月・祝)

0000053443.jpg

■内 容

「OLD DESIGN=時間が経ったもの」は、古いデザインだからこそ価値があり、それだけで新しいものには表現できない味があります。時代の流れとともに変化した素材や、様々な文化の中で刻まれた時間を経て現在に至る過程を想像し、そのプロダクトに出会えた一期一会を楽しむ。今回はそんな後世に残したいデザイン製品を展示・販売します。椅子 nextmaruni(マルニ木工/植木莞爾・黒川雅之・ショーンユー・内田繁・八木保)、Sチェア(Cappellini/Tom Dixon)、家具 Zzzidt-Object(Richard Hutten)、Rhino Low Lounge Chair(Richard Hutten)、BITOSSI フラワーベース(Aldo Londi)、照明 Noce T(FLOS/Achille Castiglioni)、照明 TOIO(FLOS/Achille Castiglioni and Pier Giacomo Castiglioni)、照明 Dado(martinelli luce)、ボトルライト(アラキミドリ)、照明器具 KYO(石洲和紙/喜多俊之)、動く彫刻 Wall Clock(伊藤隆通)、掛時計 round clock(Lemnos/AZUMI・安積伸+安積朋子)、腕時計 TWO POINTS WATCH(水島眼鏡/喜多俊之)、SMOKE グラス(Arnolfo di Cambio/Joe Colombo)、波佐見焼 半月盆(aura collection+KAZAN/Enzo Mari+城谷耕生)、オードブル皿 Nagare(aura collection/Sergio Asti)、プレート Satumetsa(iittala/Klaus Haapaniemi)、大皿 FOR USE PLATE(Airconditioned)、花器 ニュークリンクルスーパーバッグ(ceramic japan/小松誠)、BAUHAUS ASHTRAY(ALESSI/Marianne Brandt)、デスクセットCanarie(DANESE/Bruno Munari)、インテリア小物 GOMシリーズ(富双ゴム工業/黒川雅之)、ミニチュア椅子(Vitra Design Museum/Stuhl No.14・Sitzmaschine・B3 Wassily・MR90 Barcelona・Organic Armchair・Well Tempered Chair)、花瓶&ボウル Copypaste S-Set(Cor Unum/MVRDV)、木馬ペーター(Konrad Keller)など、世界各国の多種多様なテイストや、異なる時代、そして素材のアイテムをミックスさせ、ひとつのスタイルとして提案するコニーズアイならではのセレクトです。デザイン愛好家はもちろん、気になっているけれどなかなか手を出せずにいる方にもお勧めです。時を経た家具や照明・インテリアグッズだけが持つ味わいをぜひこの機会にご覧ください。

Donna Wilson/フェイスタオル_2

2019年1月4日(金)-2月11日(月・祝)

0000053335.jpg

■内 容

愛らしさとメッセージ性とが共存する独特な世界観を持つことで知られるスコットランド出身の「ドナ・ウィルソン/Donna Wilson」。彼女は無邪気な子供のように夢世界をさまよい歩き、現実世界で出会う風変わりな出来事、人々から受けたインスピレーションを夢世界へと連れ帰り、さまざまなキャラクターへと発展させ、その創り出すキャラクターは遊び心に溢れてカワイイだけではなく、人々の心に潜む隠された気持ちを大胆にも身にまとっています。今回は、新商品のブラブラ・ベア・どんぐりと葉っぱのほか、鳥と木・雨空・オウル・レインドロップなどのフェイスタオルを中心に、どんぐりのピンバッジ・ビーカー/カップ・靴下・10周年記念限定トートバッグ・グリーティングカード・アートボックス/キャンバスジグレー(超高密度デジタル版画)など25種類ほど展示・販売します。ぜひこの機会にご覧ください。なお企画展の商品は開催期間以外でも取り扱っています。

 

◎ドナ・ウィルソン/Donna Wilson

スコットランド出身、現在はロンドンを拠点とする英国人デザイナー/アーティスト。作品には、ニットの縫いぐるみ、ファッションアイテム(セーターやマフラー)、家具、インテリア小物等の量産品の他、イラスト、絵画、版画等のアート作品、美術館や公共施設プロジェクトでのインスタレーション作品がある。作風は、愛らしさとメッセージ性とが共存する独特な世界観を持つことで知られる。世界最高峰の芸術大学といわれるRCA(英国王立芸術大学院)を2003年に卒業。エルデコ・ブリティッシュデザインアワード2010デザイナーオブザイヤー他、多くの賞を受賞。ロンドン、グラスゴー、ミラノ、パリ、ニューヨーク、東京等の各地で個展を開催。ジョンルイス(百貨店/英国)、アーコール(家具メーカー/英国)、SCP(インテリアショップ/英国)、アバディーンシャー行政区(スコットランド)、ヨークシャースカルプチャーパーク(イングランド)、ピエールエルメ(洋菓子店/フランス)、アンリ・シャルパンティエ(洋菓子店/芦屋)、伊勢丹新宿店(百貨店/東京)他、企業とのコラボレーション多数。

WOOD DESIGN/温もりと優しさ

2019年1月4日(金)-2月11日(月・祝)

0000053336.jpg

■内 容

目まぐるしく移り変わるトレンドや街の姿に流れされず、自分らしいライフスタイルを貫くこと。今回の企画展は、温もりと優しさ、さらに目には見えない癒しの力を持っている木製品を紹介します。品質の高さとデザインの素晴らしさで有名なスイスの玩具メーカー「naef/ネフ社」のバウスピール・スティックスピール・チェスセット・セラ・ネフスピール・モデュロン、さらに持続可能な森づくりを考える森林保全団体「more trees」から森に佇む巣箱のようなふいご式鳩時計(深澤直人)・残像が風に揺れているよう見える木のこま(鈴木康広)・建築的な要素を取り入れたシンプルな三角形のつみき(隈研吾)・岐阜県のヒノキの無垢材を使用しサイドテーブルやシェルフとしても利用できるスツール(ジャスパー・モリソン+熊野亘)をはじめ、樹齢200年以上の木曽ヒノキを使った一枚板の俎板(山一/東屋)、木目が美しい上質な日本のナラ材を使用したプレート/ボウル(amabro)、食洗機で洗える越前漆器の大椀(漆淋堂)、木曽五木を用いてデザインされた箸置(アサヒネコ/小泉誠)、有機的なかたちが美しい天然木の茶托とトレイ(長大作)、青森県を代表する郷土玩具のオリジナル八幡馬(東北STANDARD/田名部敏文/高橋利典)、日が昇る目出たい富士山の完成を目指すけん玉(中川政七商店)、何度失敗しても七転び八起き紅白だるまおとし(木地玩具蔦屋)、歪みが少なく強度と弾力のあるブナ材を使用したシャツハンガー(中田工芸)、国産のブナ材を使用し高山のオークビレッジが製作したテープディスペンサー(クラフトデザインテクノロジー)、使い方いろいろ機能性と美しさに脱帽するハンガーペグ(Strichpunkt)、地場産のヒノキを畑でとれた玉ねぎの皮で染めた積み木(民芸新時代)、デザインの力で手づくりの可能性を広げるスツール(石巻工房/MUTE)、日本の思想から生まれた世界の椅子ネクストマルニ/nextmaruni(マルニ木工/内田繁・黒川雅之・植木莞爾・ショーンユー)、腰掛けるといつまでも座り続けたくなるようなねまるチェア(tasola×Koujin)、ホワイトアッシュの座り心地のよいダイニングチェア(茶谷澄人)、人間工学的に計算されたそりや座の曲線が素晴らしい木馬ペーター(ケラー社)、精神世界を圧縮した美の小宇宙/森羅万象の新造形(酒井健興)などを展示・販売します。ぜひこの機会にご覧ください。なお企画展の製品は、開催期間以外でも取り扱っています。

只展_2/タダほど安いものはない?

2019年1月4日(金)-3月24日(日)

0000054558.jpg

■内 容

タダで何かをもらうと、代わりに物事を頼まれたりお礼に費用がかかったりして、かえって高くつく。タダほど高いものはない。いいえ、タダほど安いものはありません?第2回目のありえない特別な20周年感謝企画です。ショップのディスプレイとして購入したもの、いままで販売していた廃番品、デザインメーカーからサンプルとして送っていただいたもの、今では手に入らない貴重なデットストック、プロダクトデザイナーのモックアップ、さらにミュージシャンやアーティストの私物、コニーズアイが紹介された雑誌やカフェバーで使ったグラス類まで、すべて無料で差し上げます。ただし店内の商品を税込2,500円以上お買い上げの方に限ります。購入金額が多ければ多いほど驚きの只物もあるかも?アイテム数50点を余裕で超える品揃え。さらに時期によっても変わります。蚤の市のように探せば探すほど掘り出し物が出てきます。ぜひこの機会にお楽しみください。なお開催期間以外でも、税込1,500円以上お買い上げの方に、通常のオマケも用意しています。

 

■無料で差し上げる商品

ワイングラス シャンパングラス 冷酒グラス ビールグラス 湯呑み 茶碗 急須 お皿 箸 マドラー スプーン フォーク ナイフ コーヒーカップ&ソーサー コースター 名刺ファイル ボールペン マーカー 子供用Tシャツ ハンカチ タオル うちわ ワッペン ハンコ ファブリック グリーティングカード ポストカード しおり ポスター ビスケット 傘 CD ビデオ アクリルボックス 雑誌 書籍 ほか多数

ポストカード・ラボ・プロジェクト 第11弾

2019年1月11日(金)-3月8日(金)

0000055826.jpg

■内 容

アートを研究する「C/LABORATORY」が、全国のクリエイティブスペースに来た人々の好きなポストカードは何か、市場調査をかねてアーティスト18名によるオリジナルポストカード全101種類を展示・販売します。多くのクリエイティブなお客様が行き交うスペースを舞台に展開される『POSTCARD LABO PROJECT(ポストカード・ラボ・プロジェクト)』は、刺激や癒しを提供すると共に、アーティストのさらなる飛躍に貢献します。大切な人に贈るカードとして、部屋に飾って身近なアートとして、個性あふれるラインナップの中から、みなさまのお気に入りをぜひ探してみてください。ポストカードから始まるクリエイティブな生活を一緒に始めましょう!

 

■第11弾の出展者メンバー

結城璃音・Atelier SANGO/川内ゆうじ・原口祥絵・実録猫・貞次郎・岩井勝之・甲斐千鶴・SANTABUNNY・Saki・デザイン書道作家 鈴木愛・リトルレディ・吉田めぐみ・森田明子・Nobuaki Suzuki・ヤマモトユキナ・照屋カンナ・GURIPOPO・小田啓介

 

■主催者からのメッセージ

MANGO ART COMPANY(マンゴーアートカンパニー)は、これまで大規模なポストカードイベントとして「ポストカード・ラボ」を開催してきました。このイベント企画のより身近なスタイルとして「ポストカード・ラボ・プロジェクト」を進めていければと考えています。
 

テーブウエア/楽しい時間が続きますように

2019年2月17日(日)-3月24日(日)

0000054560.jpg

■内 容

私たちの暮らしの中心には、いつもテーブルがあります。みんなでご飯を食べたり、一人でゆっくりお酒を飲んだり。日々のことが生まれていくテーブルは思い出とともに残ります。今回は、美味しい料理に負けないくらい食卓を楽しくしてくれるテーブルウエアを展示・販売します。島根県簸川郡にある無自性の理念のもとにできたシンプルで丈夫かつ健康的な器の出西窯の湯呑み・飯椀・角皿・丸鉢・丸皿・ぐい呑み・徳利・黒土瓶(柳宗理)、熊本県下で江戸時代から続く良質な天草陶石を原料とした優雅な磁器の天草高浜焼の白磁醤油差し・白磁皿・白磁湯呑・白磁土瓶(柳宗理)、オリジナリティーを大切にしながら時代を超えてスタンダードであり続ける器づくりを目指している白山陶器の平茶わん・しょうゆさし・湯呑(森正洋)、1904年創立の老舗洋食器メーカーNoritake/ノリタケのプレート・ボウル・サービングプランター(Frank Lloyd Wright・Marc Newson)、職人による手仕事にこだわりより良いグラスを製造する松徳硝子のうすはりグラス・酒器・ロックグラス・ショットグラス・冷茶器・ボウルをはじめ、木目が美しい上質な日本のナラ材を使用したプレート/ボウル(amabro)、調味料を注ぐと桜の花びらが浮かび上がる九谷焼の小皿(エイジデザイン/稲垣揚平)、食洗機で洗える越前漆器の大椀(漆淋堂)、食卓の小さなコミュニケーションツール手塩皿(かまわぬ)、普段使いできるシンプルなグラス/ANDO'S GLASS(Jasper Morrison/葛西薫)、手吹きで仕上げられた質感が手に馴染む再生ガラスのグラス(奥原硝子製造所)、外気とグラス内部の温度差で生じる結露によって桜の花が咲くSAKURASAKUタンブラー(100%)、職人が息を吹き込んで成形する宙吹きという手法で作られたコップ/ステム(晴耕社ガラス工房/東屋/猿山修)、多くの人々に親しまれ広く愛用されれば幸いという想いが詰まった清酒グラス(日本酒造組合/柳宗理)、ゴムの質感と風合いが魅力的なコースター(黒川雅之/富双ゴム工業)、鉄器職人が制作した六角皿(南部鉄器/馬場忠寛)、山形鋳物の特徴を表す薄肉美麗の小鉢と鍋敷き(鋳心ノ工房/芳武茂介)など、陶磁器だけではなく、木の器・漆器・鉄器・鋳物・ガラスなど様々な素材が暮らしの中でそれぞれの特徴を発揮します。自分だけの時間や、大切なあの人と。テーブルのそばに楽しい時間がありますように。ぜひこの機会にご覧ください。なお企画展の製品は、開催期間以外でも取り扱っています。

かまわぬ/デザイナーズてぬぐい展

2019年2月17日(日)-3月24日(日)

0000054561.jpg

■内 容

かまわぬのてぬぐいは、明治時代から続く染めの技法「注染(ちゅうせん)」を用いて作られています。その日の天候 ・気温・湿度などによって同じ染料でも発色が異なることがあります。染め物のため色落ちはありますが、洗うたびに柔らかく風合いを増していき、注染のてぬぐいならではの味わいをお楽しみいただけます。今回紹介する日本文化の歴史と伝統に培われた小紋柄は、簡素で洗練された美に貫かれています。そんな日本の文様に改めて目を向け、伝統に根差しながら、それらに縛られることなく、新しい風を吹込むことがテーマです。様々なジャンルで活躍しているデザイナーやイラストレーターに、現代小紋柄のデザインを依頼しました。新柄のジャスパー・モリソンや熊野亘をはじめ、小泉誠・岩清水久生・佐藤三千彦・ナンシー関・西堀晋・澄川伸一・パンタグラフが制作したてぬぐいを中心に、食卓の小さなコミュニケーションツール手塩皿や飾りをはずすと半分サイズのてぬぐいとして使える祝儀袋なども展示・販売します。なお企画展の商品は、開催期間以外でも取り扱っています。

 

◎ジャスパー・モリソン/デザイナー STOOL-yo:森林保全団体「more trees」のスツールの座面を意匠化。ライトブルーで洋の雰囲気を残しつつ、たたみ方や使い方によって出てくる柄の変化を楽しむ大胆な構図です。

◎熊野亘/デザイナー STOOL-wa:森林保全団体「more trees」のスツールの座面を意匠化。統率の中にある微妙なズレによって親しみを感じる構図です。小さな柄がたくさん集まることで音楽を奏でるかのようなリズミカルな演出も。

◎小泉誠/デザイナー TATAMI:すべて丹念に手で書きました。一本ごとに味わいのある線になっているはずです。

◎岩清水久生/南部鉄デザイナー 南部鉄器:400年以上の歴史のある南部鉄器に小さなころから触れ親しみ育まれた五感と、先人の鉄瓶・鋳物師に対する尊敬と敬意の意味を込めたてぬぐいです。

◎佐藤三千彦/イラストレーター 忘筌(ぼうせん):手段と目的をはき違えないという戒めの言葉で、茶道では有名な禅語です。茶道そのものの目的よりも道具に凝ってしまって目的意識を見失わないように、という意味を込めています。

◎ナンシー関/消しゴム版画家 あんみん:今日の楽しかった出来事や明日はなにをしようかなど、あたたかい布団の中で物思いにふける少年の姿に思わず和んでしまいます。

◎西堀晋/プロダクトデザイナー うにうに:連続した図形を「外形線」と「面」の異なる塗りつぶしによって、全く違う表情をもつデザインです。「うにうに」は海藻のような表情へと変化しています。

◎澄川伸一/プロダクトデザイナー H2O:小熊のような形ですが、実は水の分子構造の「H2O」。水の分子は、酸素原子1個と水素原子2個で構成されています。それぞれ近づいたり重なったり、いろんなドラマが起きています。

◎パンタグラフ Pata-Pata:アニメーション技法のひとつ「スキャニメーション」を用いたてぬぐいです。付属のシートを重ねて動かすと、蝶が羽を広げパタパタと動きます。その小さな力は、まわり廻って世界を動かす力となり得るのです。

ONE STROKE/駒形克己の絵本展_5

2019年2月17日(日)-5月6日(月・休)

0000055461.jpg

■内 容

グラフィックデザイナー「駒形克己/Katsumi Komagata」が自身の子どもの誕生のきっかけにつくり始めた絵本の数々が、「ワンストローク/ONE STROKE」より多数出版されています。またフランスの有力紙ル・モンドに『世代を超えるコマガタ』と評され国内外で親しまれています。今回のポップアップストアでは、子どもたちだけではなく大人も惹きつける創作絵本を中心に展示・販売します。自然界と人間の世界をつなぐ穴「ふしぎな穴」(2018年新刊)、森をぬけ丘をこえ川から湖や畑へと風が吹く「かぜが はこぶ おと」(2018年重版)、その年の生まれた赤ちゃんにが贈られる本「ほしが ねむる ところ」(2004年日仏同時出版/2018年重版)、色についてのQ&Aを探しながら進んでいく「空が青いと海も青い。」、型抜きされた雲のかたちがページをめくるたびに動いていく「雲ひとつ」、親を探しに歩き続ける小さなひよこ「YELLOW TO RED」、親を知らずに生まれたサケの子どもたち「BLUE TO BLUE」、できないことやイヤなことがあるといつもいたくなる気持ちがある「かけら」、動物たちが舟に乗り込み雨が過ぎるのを待っていたら…「雨があがって」、ピクトグラムをカードとして制作したピクト絵本「行ったり来たり」(フランスのジャン・ウィドマーがデザイン)、お菓子づくりを生業としてきた芝田清邦の感謝にあふれた言葉をデザインした一冊「アリガトウ」、赤ちゃんが体験する命の誕生ストーリー「ぼく、うまれるよ !」、色をなくしてしまったゾウが自然への畏敬の想いを込めた一冊「日がのぼるとき」(ボローニャ国際児童図書展賞)、木が現れ季節とともに姿を変えていくポップアップ絵本「Little tree」(ボローニャ国際児童図書展受賞)、一隅を照らすという最澄の言葉から触発され制作を試みた本「一隅」をはじめ、思わず引き込まれる写真家広川泰士が撮る富士山の写真集「FUJI SUN」とポストカードセット、落ち着きのない犬に起こるラッキーなおはなし「LUCKY DOG」、子どもの頃のワクワクする気持ちを思い出しながらつくった「今日はいい天気」、ニワトリの家族に起こるラッキーなおはなし「LUCKY HEN」など、ユニークなアイデアが詰まった色彩豊かな絵本にぜひ触れてください。

 

■駒形克己/こまがたかつみ

造本作家/グラフィックデザイナー

1953年静岡県生まれ。1977年渡米。ニューヨークCBS本社、シェクターグループなどで企業CIを主体とするグラフィックデザインを手掛ける。1983年帰国、1986年ONE STROKE設立。 自身の子どもの誕生をきっかけに、道具としての本「LITTLE EYES」シリーズを制作。1990年ニューヨークMoMAミュージアムショップでの発売を機に、その活動は世界へと広がる。1994年フランス、リヨンを皮切りに本の個展、ワークショップ活動を開始、現在もなお、世界各地を巡回中。2001年より視覚障害者に向けた本づくりがスタート、「折ってひらいて」「LEAVES」を日仏で共同出版する。2004年フランス、グルノーブル市が、その年に生まれた子どもに本を贈るプロジェクト「ブックスタート」で絵本を制作。ニューヨークADC銀賞、パリ PRIZE FOR CREATIVITY、2000年イタリアボローニャ国際児童図書展NEW ART特別賞、2002年スイス国際児童図書賞(F.E.E.)特別賞、2006年GOOD DESIGN・ユニバーサルデザイン賞(九州大学病院小児医療センター病棟の環境デザイン)、2007年GOOD DESIGN賞(つみ木 Block'n Block)、2016年ボローニャ・ラガッツィ賞スペシャルメンションアワード受賞(日がのぼるとき)他、受賞多数。

mt×mina perhonen

2019年3月30日(土)-5月6日(月・休)

0000055462.jpg

■内 容

「mt/エムティー」は、世界から支持されるマスキングテープのブランドです。その魅力は、カラフルな色柄だけではなく、手で切れて貼ってはがせ、文字も書ける優れた機能性にあります。最近では文具やラッピングはもちろん、インテリアやパーティの演出など、自分らしさや大切な人への想いを表現するツールとして使われています。今回は数多くあるmtの中から、皆川明が手掛けるファッションブランド「minä perhonen/ミナ・ペルホネン」がデザインしたマスキングテープを中心に、ストックホルム・デザイン・ラボ、リサ・ラーソン、ベングト&ロッタ、カピッツァ、フィリップ・ワイズベッカー、安西水丸、横尾忠則なども展示・販売します。「run run run」「skip」「go!」「neko」「soda water」「forest tile」「count」「bird」をはじめ、世界観が伝わるユーモラスな伝説の馬「pegasus」、みんなの憧れの王冠がどこまでも続く「crown」、お花たちが楽しげなダンスを踊っているような「flower」、タンバリン柄が楽しい音を奏でながら続く「tambourine」、描くいろんな羽を持つ蝶達が飛んでいる「hana hane」、真っ白な雲と青空がどこまでも続く「trip」、ずっと連なったいろんな笑顔「smile」、蝶がコーラルの線画で描かれた「choucho」、テープの上を自由に飛ぶ蝶たちが可愛い「choucho logo」など、感性を刺激するラインナップをぜひこの機会にご覧ください。心躍るアートをいつもあなたのそばに。またmt/マスキングテープは、企画展の開催期間以外でも取り扱っています。

 

◎minä perhonen 皆川明 からのメッセージ

貼る、留める、の中に景色を彩るツールとして日々の暮らしに新しい楽しさと喜びを創り出してくれる mt が、今後も広がっていくのを楽しみにしています。

BonNo/もっと愉しく生きるための地域情報誌

2019年3月30日(土)-6月16日(日)

0000055463.jpg

■内 容

石川・富山・福井の地域情報が掲載された雑誌「BonNo/ボンノ」との特別コラボ企画です。在庫のある第0号から最新号まで無料で配布します。自転車・音楽・自然・映画・めがね・おこめ・マンガ・家族・おやつ・丼・DVD・汁もの&スープ・愛用品・アート・昼めし・お金・街角スナップ・珈琲・雑貨・本・鍋・パン・建物・男と女・お酒・日用品・椅子・食堂・やきとり・野菜・美しい人お茶ラーメン・食器・お肉サラダ一生ものパスタ中華植物建物・温泉…幅広いジャンルの特集記事が魅力です。もっと愉しく生きるための情報誌をこの機会に手にとってご覧ください。ぜひお待ちしています。なお雑誌「BonNo」はリニューアル準備のため、第89号で一度休刊しました。さらに面白くなる「BonNo」を愉しみにお待ちください。

 

[001]今活躍する若き,クリエーター達。[002]自転車のあるくらし。[003]これが北陸の国際スタンダード。[004]あの人が笑顔になるプレゼント。[005]SHOP STAFF SNAP [006]北陸で活躍する女性の軌跡 [007]心に響くあの音楽 [008]3.11あれから1年。[009]自然で遊ぼう! [010]BonNo Festival Report [011]BBQヒーロー伝説!! [012]僕らが映画を観る理由。[013]めがねフェチなもんで。[014]ニッポンのココロ,おこめ食。[015]辛くて、うまいもん! [016]寝てもさめてもマンガ好き。[017]人生を切り拓くパイオニアたち [018]家族の風景。[019]NEW LIFE [020]おやつ天国。[021]嗚呼,うるわしの丼 [022]しあわせなら手をつなごう! [023]冷やっこくて,うまいもん。[024]暑いから,家に帰ってDVDを観よう。[025]充電しよう。[026]日本人の美しさ [027]汁もの&スープ [028]愛用品のあるくらし。[029]自分らしく生きる人たち [030]I♥漫画 [031]人生はアートだ。[032]昼めし [033]お金をかけない遊び方 [034]街角スナップ&ショップスタッフ [035]雨と珈琲とわたし。[036]NO CURRY, NO LIFE. [037]HOKURIKU MUSIC [038]手しごと雑貨。[039]絶品,うまいもん。[040]本が読みたい。[041]あなたに会うと元気になれる [042]鍋が恋しい!! [043]映画の話をしようよ。[044]パン党宣言。[045]自転車のある暮らし。[046]街角ファッションスナップ [047]夏ごはん,ときどきおやつ。[048]とやま,マイラブ [049]ぞっこん福井。[050]やっぱり大好き!石川県。[051]The 建物。[052]Zeppin!うまいもん。[053]男と女。[054]愉しい,お酒。[055]ここちよい,日用品。[056]椅子,いいっす。[057]食堂最高!! [058]北陸コレクション [059]いざ,やきとり! [060]OH!野菜 [061]最高の朝になる10のこと。[062]めくるめく本の世界 [063]絶品、うまいもん。[064]コーヒーがあれば。[065]美しい人 [066]キテます!お茶。[067]ラーメン愛がとまらない! [068]皿と器とカップとコップ。[069]お昼どうする?[070]SNAP! [071]ブラボー!!お肉。[072]これが北陸の国際スタンダード。[073]サラダが目当て。[074]良いもの好いもの一生もの。[075]うまいもん。[076]本が好き。[077]あなたに会うと元気になれる。[078]今日は、飲もうよ。[079]パン! [080]マンガの話をしようよ。[081]パスタ! [082]着こなしサンプル。[083]中華万歳! [084]カッコイイ植物と暮らしたい! [085]辛くてうまいも! [086]ワクワクする建物と空間。[087]絶品!うまいもん。[088]ViVa!温泉。[089]さあ、新時代。

暮らしの新定番/毎日の生活で使うもの

2019年3月30日(土)-5月6日(月・休)

0000056047.jpg

■内 容

毎日の生活の中で使う。デザインの良さを感じる製品。丁寧に美しく過ごす喜び。今回は暮らしの新定番を紹介する企画展です。速乾性の高いゲルインクを使用したボールペン(ぺんてる/Craft Design Technology)、トメハネハライが美しく表現できる高級筆ペン(呉竹/Craft Design Technology)、書き終わったところで切り取ることができる蛇腹便箋レターセット(榛原/Craft Design Technology)、にじみにくく書きやすい紙質で開きやすい表紙とカットのしやすいメモ用紙(THE/RHODIA)、苗字が描かれた洋封筒(桂樹舎/Y2)、365日その日に生まれた著名人の名前が記されているバースデーカレンダー(リチャード・ハッテン)、ハウスインダストリーズと波佐見焼がコラボしたポット/プレート/ボウル(HASAMI)、使い捨て紙コップを握りつぶした形の磁器製のカップ(ロブ・ブラント)、職人による手仕事にこだわったグラス(松徳硝子)、独特な世界観を持ったイラストがプリントされたカップ(ドナ・ウィルソン)、紙袋のフォルムと素材の意外性から生まれた花器(セラミック・ジャパン/小松誠)、機能・デザイン・エコの3拍子揃った北欧毎日フキン(イーオクト)、アイスクリームを食べやすくした魔法のスプーン(15.0%/寺田尚樹)、歪みが少なく強度と弾力があるブナ材を使用したハンガー(中田工芸)、シプルさと質感どこにでもありそうでなかったアルミハンガー(RDM/Freiraum)、使い方いろいろ機能性と美しさに脱帽するハンガーペグ(Wolfgang Schupp/Strichpunkt)、広げても折り紙のかたちに戻るペットのような布クリーナー(ペロカリエンテ)、小宇宙のような持ち歩ける扇子(新京清堂)、胸ポケットからさりげなく富士山が見えるハンカチチーフ(goodbymarket/池ヶ谷知宏)、日常の些細な生活トラブルに対処する三つで一揃いの靴下(Design Against Trend)、リサイクルされる自動車のシートベルトを利用したビジネスバッグ(Re+Belt)、壊れにくく錆びないプラスチックの傘(+TIC/柴田文江)、1970年代より精力的にデザインしてきた公共の時計(タカタレムノス/渡辺力)、サイドテーブルやシェルフとしても利用できるスツール(more trees/ジャスパー・モリソン+熊野亘)、デザインの力で手づくり/DIYの可能性を広げるスツール(石巻工房)など、250種類以上を展示・販売します。お気に入りのものと豊かな時間を過ごしませんか。自分らしく日々を楽しむための小さなきっかけづくりに、ぜひこの機会にお越しください。なお企画展の商品は、開催期間以外でも取り扱っています。

モバイルサイト

コニーズアイモバイルサイトQRコード

コニーズアイモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • 0000002569.gif
  • 0000021209.jpg
  • 0000012342.jpg